テーマ:裁ちそば道場

裁ちそば道場 最終日

                  祝 ・ 完 成 ! ついに、『裁ちそば道場inみちくさ』での裁ちそばが完成!しましたぁ。\(^o^)/ つなぎを一切使わない裁ちそば! 乾くと美味しくなくなってしまいます。 (T_T) ざるそばで食べていただきましょう。 裁ちそばが光っているうち、 出来ればざるに盛ったらすぐ食べ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

裁ちそば道場 九日目

『裁ちそば道場inみちくさ』九日目は、いよいよ最終段階です。 前回裁った蕎麦を茹でてみましょう。 (^o^)/ 適量ずつ紙にくるんだ裁ち蕎麦を1本(一包み)ずつ茹でます。 たっぷりの沸騰したお湯に、裁ちそばを入れてから、蕎麦どうしがくっつかないように数回やさしくかき混ぜてあげます。 下から上へ、やさしく・やさしく・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁ちそば道場 八日目

八日目の『裁ちそば道場inみちくさ』は、ついにきましたぁ!\(^o^)/ 裁ちそばのもう一つの特徴、【そばを裁つ!】です。 さぁ、がんばってやってみましょう。(^o^)/  前回、裁ちばんの上に運んだ蕎麦を、  重ねたまま端から裁っていきます。  『薄くのしたものを、少し幅広に裁つ!』   これが、喉ごしのいい裁ちそばに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁ちそば道場 七日目

『裁ちそば道場inみちくさ』七日目は、綺麗にお化粧したこでっちを、 のしばんの上でのしてみましょう。  (^o^)/ めん棒の中央に両手を添え、蕎麦の上で平泳ぎする様な‥ めん棒を左手で押して右手で引く様な・‥   すいません。変な表現で・・ (^_^;)   まっ、そんな感じ(ってどんな感じ?)で蕎麦の端 から端まで薄く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁ちそば道場 六日目

『裁ちそば道場inみちくさ』 六日目は、 のしばんの上の作業に入りましょう。(^^)/ のしばんの上と、前回くるくる回して つくった『菊の花』? の上に打ち粉を振ります。 打ち粉ももちろん蕎麦粉です。(^_^)v  通常より細かい蕎麦粉を使用しましょう。 打ち粉… 蕎麦粉… ?・?・? そうです! 打ち粉とは蕎麦をのし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁ちそば道場 五日目

五日目の『裁ちそば道場inみちくさ』は、 のしばんの上でのす(伸ばす)前の最終段階に入ります。(^o^)/ 前回作った『楕円形のきれいなこでっち』をのしばんの上でのしやすくする為、両手でくるくると回すようにしてある程度平たくします。 「左手のひら」と「右手指」をうまく使いながら、くるくると回していきます。 くるくる・クル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁ちそば道場 四日目

『裁ちそば道場inみちくさ』 四日目は、 前回でっちた蕎麦粉を『こでっち』にして、更によくでっちてみましょう。(^o^)/ でっちた蕎麦粉を4~5個に小分け したものを、檜枝岐では 『こでっち』 と言います。 『こでっち』を作る事により、 小さくした分余計力が入り、 よりよくでっちる事が出来ます。 でっちる作業が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁ちそば道場 三日目

三日目の『裁ちそば道場inみちくさ』は、 しっとり肌の蕎麦粉をでっちてみましょう。(^o^)/ まずは、しっとり肌の蕎麦粉に、水を少しずつ回し入れます。 裁ちそばの場合、蕎麦粉に入れるのは前回の 熱湯 と今回の 水 のみです。 少しずつ水を入れ、様子を見ながら 『でっち』 てみます。  『でっちる』  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁ちそば道場 二日目

  『裁ちそば道場inみちくさ』二日目は、はんぞうに入れた蕎麦粉に、熱湯を 注ぎ入れましょう。(^^)/ つなぎを一切使わない裁ちそばにおいて、熱湯はつなぎと言っていいのかもしれません。(^_^) はんぞうの中を回すように熱湯を少しずつ注ぎ入れ、両手で粉をこすり合せる感じで、熱湯をまんべんなく粉になじませるようにします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁ちそば道場 一日目

一日目の『裁ちそば道場inみちくさ』は、裁ちそば打ちの道具と粉をご紹介します。(^^)/ 当館で使っている道具です。 裁ち板(ばん)・はんぞう・のし棒(めん棒)・そば裁ち包丁‥。 桂、栃、シナで 出来ています。 のし棒は、『太い』のが特徴です。 使用している蕎麦粉は、檜枝岐産では量が足りませんので、舘岩村・伊南村、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乞うご期待!

明日からの『みちくさblog』は、 当館『山人料理』の一品、女将が裁つ、つなぎを使わない蕎麦粉100%の “名代裁ちそば”が完成するまでの行程を日々写真付きで掲載いたします。 名付けて、 《裁ちそば道場inみちくさ!》 (^_^) 乞うご期待ください。(^o^)/″ 『みちくさ』ありがとうございました。m(_ _…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more