建築史上・・・。

画像
村重要文化財である

         板 倉 ・・・。

柱を使用せず、厚さ10㎝ほどの板を
セイロウ(やぐら)のように
組み合わせる工法(セイロウ作り)で、
釘などの金具類を一切使用せず、
窓もありません。
屋根は、下葺き板の上に樺の皮を敷き、
さらに楢の割板をその上に敷いてます。
 (今は、保存のためその上にトタン屋根つけてますけど・・・。 (^_^) )

建築年代は不明ですが、建築様式は奈良の正倉院と同じらしく、
建築史上重要な文化財だそうです。
昔、火事から大切な穀物を守るために、家から離れた畑の中に建て、
穀物庫としてこの 板倉 は使用されました。
尾瀬檜枝岐温泉』には、
このほかにもいくつかの 板倉 が大切に保存されております。

当館より徒歩5分。
以前ご紹介した六体のお地蔵さん、【六地蔵】 のすぐ手前です。
遊びにいらした時には、お食事前などにぜひ覗いていただければと思います。

『みちくさ』ありがとうございました。m(_ _)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント